U.S.N. Alaska Radiation Research/U.S.N.アラスカ放射線研究所

The Special Radiation Laboratory of USN/USN特殊放射線研究所
 検索 
ミダスは・・・夢と希望を与えてくれるサード・エネルギー技術です。 ミダスは・・・夢と希望を与えてくれるサード・エネルギー技術です。
Information Guidance Radiation Research Other Forum
ニュース/News 総合案内/Information 施設概要/Outline 研究内容/Research 関連施設/Institution リンク/Link POWERED by TEN-MOU
戦場の花嫁

薫風姫杯第177回ミス帝北大コンテスト ”薫風姫決定”

天網/Worldwide Network System

当フォーラムへの著作権について/リンクについて
研究所からのお知らせ

世界中のみなさん。このメッセージは全世界の一人一人に送ります。
発表にありましたとおり、”反物質大量生成実験”が本日行われます。20世紀末、石油資源が有限だと気づいた人類は新しいエネルギーをもとめての試行錯誤と奪い合いに明け暮れました。
石油、天然ガス、ウラン、そして海底メタンハイドレート。人類は海底メタンハイドレートを手に入れて、問題は解決したかにみえました。実際、いまや世界の電力需要の60%以上が海底メタンハイドレートによって賄われています。ですが、実態は石油から海底メタンハイドレートにうつっただけのこと・・・。私たちは文明の発達と引き換えに有限なエネルギーを失っているのです。
しかし今日こそは、人類がエネルギー問題に終止符を打つ記念日となることでしょう。
Prof.エミール・クラムスコイ
最新トピックス
アラスカ放射線研究所一連の事件により一部掲載を中止している項目も御座います。ご了承下さい。(10 / Jul / 2112)
検索機能はメンテナンス中です。復旧予定時刻に関しては、状況により変更する場合があります。(9 / Jul / 2112)
職員、研究員募集は現在行っておりません。募集開始時には当フォーラムでお知らせ致します。(21 / Jan / 2112)
金原子核線用の加速器をフォーチュンメディカル社より導入することが決定致しました。(16 / Dec / 2111)

特集〜金原子核線理論とその可能性〜

反物質生成実験物質放射型分離加速システム
最新ニュース映像


≫ ニュース一覧...
研究所の紹介
U.S.N.特殊放射線研究所
ヴァーモント放射線研究所
カリフォルニア放射線研究所
アーカンソー放射線研究所
サウスダコタ放射線研究所
本フォーラムはPsynamic BrowserSP2以上、Pala Palo Pak v4以上のブラウザでご覧下さい。Psynamic Software本フォーラムをご覧いただくには無償のプラグイン「ANGEL VACCINE」が必要です。Pala Palo Pak
プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ当フォーラムについて
Copyright(FM) U.S.N. Alaska Radiation Research. / The Special Radiation Laboratory of USN. All rights reserved.