U.S.N. Alaska Radiation Research/U.S.N.アラスカ放射線研究所

The Special Radiation Laboratory of USN/USN特殊放射線研究所
 検索 
キャンパス・ガイダンスセンター キャンパス・ガイダンスセンター
Information Guidance Radiation Research Other Forum
ニュース/News 総合案内/Information 施設概要/Outline 研究内容/Research 関連施設/Institution リンク/Link ホーム/Home
Institution
主要関連施設
U.S.N.特殊放射線研究所
ヴァーモント放射線研究所
カリフォルニア放射線研究所
アーカンソー放射線研究所
サウスダコタ放射線研究所
その他関連施設
一時掲載中止
主要関連施設

U.S.N. アメリカ州
  • U.S.N.特殊放射線研究所
  • ヴァーモント放射線研究所
  • カリフォルニア放射線研究所
  • アーカンソー放射線研究所
  • サウスダコタ放射線研究所
これら国立研究機関は、U.S.N.成立前のアメリカ合衆国・エネルギー省機関が前身となっていることが多いため、そのほとんどがアメリカ州に設置されています。
今後はカナダ州、メキシコ州にもl国立放射線機関が設置される予定です。

U.S.N.アメリカ州



U.S.N.特殊放射線研究所

・英字表記 Peculiar Radiation Research Complex
(The Special Radiation Laboratory of U.S.N.)
・管轄組織 U.S.N.エネルギー省
・研究分野 原子力発電所の安全性の研究・核融合炉の実用化研究・他
・所在地 アメリカ州 ニューヨーク・サリヴァン
(Sullivan, New York, America State)
・所長 ディラン・ニールセン
・フォーラム SRLUSN/GOVERNMENT/USN

2034年にU.S.N.エネルギー省が、原子力発電所の安全性の研究、核融合炉の実用化研究の他、工業や医療等、人類の発展に放射線を役立たせるための研究をする施設として設立された国立研究機関です。国内に研究施設を擁し、医療研究のヴァーモント放射線研究所、工業研究のカリフォルニア放射線研究所、そして放射線制御用ビームの開発を行なっているアラスカ放射線研究所の3ヶ所です。
現在はアラスカ放射線研究所に莫大な軍予算を投入し、M.I.D.A.S.の研究開発に注力しています。これが完成しますと、膨大なエネルギーを得ることができるようになります。そして今年度より、英字表記の仕方が変わり”Peculiar Radiation Research Complex”となりましたが従来の表記の仕方も認められています。

PAGE TOP


ヴァーモント放射線研究所

・英字表記 Vermont Radiation Research
・管轄組織 U.S.N.特殊放射線研究所
・研究分野 抗ガン放射線照射ナノマシン開発・高レベル浄化装置開発
・所在地 アメリカ州 ヴァーモント・ミドルベリ
(Middlebury, Vermont, America State)
・所長 ウィル・バックホルツ
・フォーラム VRR/SRLUSN/GOVERNMENT/USN

U.S.N.特殊放射線研究所が、医療分野においての放射線研究のために設立した研究所です。現在”抗ガン放射線照射ナノマシン開発”が進められていまして、これは人体の悪性腫瘍(癌)をナノマシンから直接放射線治療することにより、外科手術の必要がなく人体への負担も軽減できるというものです。霧島重工が実用化させた超細密ナノマシン用射出成型器技術を応用し、霧島重工と共同開発が進められています。
他に”高レベル浄化装置開発”の研究もしていまして、世界の水質汚染が深刻な問題となっていることから、これが実用化されますと沖縄海洋都市以上の浄化装置として機能します。

PAGE TOP


カリフォルニア放射線研究所

・英字表記 California Radiation Research
・管轄組織 U.S.N.特殊放射線研究所
・研究分野 核融合原子炉実用研究
・所在地 アメリカ州 カリフォルニア・バーストー
(Barstow, California, America State)
・所長 ケン・マッカートニー
・フォーラム CRR/SRLUSN/GOVERNMENT/USN

U.S.N.特殊放射線研究所管轄の一つで工業分野、主に”核融合原子炉実用化研究”を行っています。20世紀に提唱された核融合原子炉ですが、現代においてもその制御は容易に行えるものではなく、実用化にはまだ至っておりません。しかし、U.S.N.特殊放射線研究所で開発された中性子ビームによる放射線封じ込め技術は、すでに幾つかの小型融合炉発電施設で実験が繰り返されていまして、実用化されますとU.S.N.の約3分の1の電力を1基の発電所で賄うことができるようになります。
また”タンデムミラー式核融合炉(Tandem Mirror Type Nuclear Fusion Reactor)”の開発も行われていまして、こちらは宇宙開発の更なる発展が期待されているエネルギー技術で、木星往還船のメインエンジンに採用される予定となっています。

PAGE TOP


アーカンソー放射線研究所

・英字表記 Arkansas Radiation Research
・管轄組織 U.S.N.アラスカ放射線研究所
・研究分野 原子核線反応の研究
・所在地 アメリカ州 アーカンソー・リトルロック
(Little Rock, Arkansas, America State)
・所長 フィー・カーマイケル
・フォーラム ARRR/SRLUSN/GOVERNMENT/USN

アラスカ放射線研究所を設立時に傘下施設として設立されました。アラスカ放射線研究所が行なっています反物質生成実験の原子核線反応の研究を専門に行なっている施設で、同等の実験を行いその結果から生じる差異の検証を主に行っています。
また地理的にアメリカ州の中心に位置していることもあり、他の研究所からの情報が集中しやすく、アーカンソー放射線研究所が保持しています放射線系データベースは、他の研究所でも活用されていましてその情報量は膨大なものとなっています。

PAGE TOP


サウスダコタ放射線研究所

・英字表記 South Dakota Radiation Research
・管轄組織 U.S.N.アラスカ放射線研究所
・研究分野 次世代エネルギー開発の研究
・所在地 アメリカ州 サウスダコタ・スーフォールズ
(Sioux Falls, South Dakota, America State)
・所長 デビッド・ローランド
・フォーラム SDRR/SRLUSN/GOVERNMENT/USN

アーカンソー放射線研究所と同じく、アラスカ放射線研究所の実験の結果検証など補佐的な施設として設置されました。しかし次世代エネルギー開発を研究対象としていまして、カリフォルニア放射線研究所が研究開発しています”タンデムミラー式核融合炉”の磁気ミラー部門の実用化実験も行っています。
そして発展途上地域へのエネルギー技術の供給も行っていまして、コストパフォーマンスに優れた技術が要求されるため再生可能エネルギー(自然エネルギー)の更なる技術革新を研究しつつ、太陽、風力、水力、バイオマスなど世界中の国・地域へ提供しています。

PAGE TOP
プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ当フォーラムについて
Copyright(FM) U.S.N. Alaska Radiation Research. / The Special Radiation Laboratory of USN. All rights reserved.