U.S.N. Alaska Radiation Research/U.S.N.アラスカ放射線研究所

The Special Radiation Laboratory of USN/USN特殊放射線研究所
 検索 
ゲート・オブ・アークティック国立公園 ゲート・オブ・アークティック国立公園
Information Guidance Radiation Research Other Forum
ニュース/News 総合案内/Information 施設概要/Outline 研究内容/Research 関連施設/Institution リンク/Link ホーム/Home
Link
政府・企業・団体
U.S.N.エネルギー省
フォーチュンメディカル
サイナミックソフト
霧島重工
サードエネルギー財団
帝北大学
マスメディア
USGN
DCN
JBNN
MCN
NEXUS
ECBU
政府・企業・団体
※非公開、調整中などでリンクが切れている項目が御座います。予めご了承ください。

U.S.N.エネルギー省

U.S.N.エネルギー省 ・英字表記 U.S.N. Department of Energy (DoE)
・本拠地 U.S.N.アメリカ州 ワシントンD.C.
・事業 エネルギー技術の安全性研究 ・ 原子力技術の製造と管理
・フォーラム ――――――――

エネルギー省は、U.S.N.のエネルギー保障と核安全保障を担当する官庁で、その役割は核兵器の製造と管理、原子力技術の開発、エネルギー源の安定確保、及びこれらに関連した先端技術の開発と多岐にわたっています。U.S.N.成立前のアメリカ合衆国エネルギー省を前身とし、U.S.N.成立後に再編されました。
管轄にはアラスカ放射線研究所を含む特殊放射線研究所組織が置かれ、これら研究技術の管理も担っています。近年では、実用化へ向けて研究が行われている”核融合炉”や”金原子核線理論”を用いた次世代エネルギー開発にも注力しています。




PAGE TOP


フォーチュンメディカル

フォーチュンメディカル ・英字表記 Fortune Medical
・本拠地 O.C.U.シンガポール共和国 セントーサ
・事業 医療器具開発 ・ 医薬品製造
・フォーラム ――――――――

MRI装置やCT装置、測定器などの医療機器から義手・義足、人工臓器、新薬開発を扱う企業として設立されました。医療関係企業としては異例の急成長を遂げ、O.C.U.シンガポール本社の他にO.C.U.カンボジア・カンポット等、O.C.U.内に複数の研究施設を持っています。
数年前より医療器具で培った微細精密技術を兵器産業に転用し、WAP用のCOMを始め兵器製造にも着手しています。これら微細精密技術はアラスカ放射線研究所でも使用されていまして、300万分の1以上の先端加工精度を必要とする金原子核線用の加速器に用いられています。




PAGE TOP


サイナミックソフト

サイナミックソフト ・英字表記 Psynamic Software
・本拠地 U.S.N.アメリカ州 ニューヨーク
・事業 コンピュータソフトウェア開発(OS・ドライバ・プロテクト解除ソフト等) 
・フォーラム サイナミックソフト株式会社

アクションゲームやプロテクト解除ソフト、グラフィックソフト等を手掛けるU.S.N.のコンピュータソフトウェア開発会社です。ディアブルアビオニクス社(Diable Avionics)を関連企業に持つことから、ディアブルアビオニクス社製品のドライバやオペレーティングシステムを中心に開発を行っています。
また市販用ソフトウェアの他に”業務用高精度先端加工機”のドライバも開発しており、アラスカ放射線研究所の”金原子核線用加速器ソフトウェア”開発もサイナミックソフトが手掛けています。





PAGE TOP


霧島重工

霧島重工 ・英字表記 KIRISHIMA Industries
・本拠地 O.C.U.日本東京都台東区鐘ヶ淵1-1-1
・事業 自動車製造 ・ WAP製造 ・ 特殊車両製造等
・フォーラム 霧島重工株式会社

1999年8月15日、霧島忠氏が「霧島自動車工業」として創業を開始致しました。窒素酸化物、二酸化炭素の排出量を劇的に削減した燃料射出装置を開発し世界に普及、自動車メーカーとして発展し社名を「霧島重工株式会社」へと変更、さらに事業の拡大に成功していきました。
2046年軍需産業に乗り出し、性能や信頼性の高い製品は瞬く間にO.C.U.諸国に拡散していきました。WAP市場においても性能の高さは高評価を得ており、WAP技術を応用した精密機器はアラスカ放射線研究所・中央研究所にも使用されていまして、研究所の中枢施設を担っています。




PAGE TOP


財団法人サードエネルギー財団

財団法人サードエネルギー財団 ・英字表記 THIRD ENERGY FOUNDATION (TEF)
・本拠地 U.S.N.アメリカ州 カリフォルニア
・事業 クリーンエネルギー普及活動 ・ 発展途上地域へのエネルギー導入支援 
・フォーラム ――――――――

国内・国外問わずサードエネルギーを普及させるために活動している財団法人です。サードエネルギーとは第3世代のクリーンエネルギーの事で、化石燃料、原子力に変わる新しいエネルギーとして研究されています。財団ではこれら技術を支援し、また発展途上地域への導入支援も行っています。
当研究所はサードエネルギー財団とともに次世代エネルギー供給の開発・導入を目指し、大質量素粒子間分離型反陽子生成機(M.I.D.A.S.)を使用した反物質大量生成の研究を行っています。





PAGE TOP


帝北大学

帝北大学 ・英字表記 TEIHOKU University
・本拠地 O.C.U.日本 神奈川県
・事業 ――――――――
・フォーラム 帝北大学校

文部科学省管轄、O.C.U.日本でも有数の歴史を誇る私学です。学生数は約3万人で大学は各地のキャンパスと、4つの研究所、総合病院施設及びその他関連機関から成り、さらに5つの付属高校・中学校・海外分校を抱えています。また国際局、図書館、文化振興事業局等の施設も充実しています。
アラスカ放射線研究所では帝北大学の留学制度を活用し、現在理学部・放射線学科の生徒数名が第3研究所で日夜励んでいます。来年度からは留学制度改定により、より多くの生徒を迎え入れる予定です。





PAGE TOP
プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ当フォーラムについて
Copyright(FM) U.S.N. Alaska Radiation Research. / The Special Radiation Laboratory of USN. All rights reserved.