U.S.N. Alaska Radiation Research/U.S.N.アラスカ放射線研究所

The Special Radiation Laboratory of USN/USN特殊放射線研究所
 検索 
シンクロトロン(外周) シンクロトロン(外周)
Information Guidance Radiation Research Other Forum
ニュース/News 総合案内/Information 施設概要/Outline 研究内容/Research 関連施設/Institution リンク/Link ホーム/Home
Research
ミダス
M.I.D.A.S.概要
M.I.D.A.S.とは
概要
分離加速システムの構造
構造
使用法
金原子核線とは
金原子核線
原子力の仕組み
金原子核線理論
金原子核線理論提唱者
金原子核線理論概要
特殊相対性理論
M.I.D.A.S.兵器としての価値
核兵器への転用
核弾頭の種類と基本構造
反物質生成実験
反物質
生成
実験概要
使用装置・機材

M.I.D.A.S.概要

M.I.D.A.S.とは

M.I.D.A.S.(ミダス)とは正式名称”Matter Irradiation Type Dissociate Acceleration System(以下M.I.D.A.S.)”と呼び、有害な放射線を閉じ込める技術が中心のシステムで2111年に完成、「M.I.D.A.S.の母」と呼ばれるエミール・クラムスコイ博士と当研究所が実用化しました。当研究所施設のシステムを新設計する時に開発されたもので、システム概要、理念を均等に分け与え世界中で利用可能にすることが研究所の目標です。

PAGE TOP


概要

M.I.D.A.S.は日本語名”物質放射型分離加速システム”と呼ばれるもので、金原子核線という新種の放射能を分離加速して発生させ、加速によって生まれる膨大なエネルギーを抽出する、新世代の高エネルギー発生装置の事を指します。
この金原子核線という放射線理論を発表したのは、U.S.N.軍科学研究所所員のエミール・クラムスコイ博士(当時18歳)、現U.S.N.アラスカ放射線研究所所長です。金原子核線の未来に目をつけたU.S.N.政府はカリフォルニア、アーカンソー、アラスカに専門の研究所を設立しまして、エミール・クラムスコイ博士をアラスカ研究所の所長として迎えました。それから数年後にエミール・クラムスコイ博士たちの研究グループはM.I.D.A.S.を開発したのです。

金原子核線は金と同じ数の陽子と中性子を有する放射線で、発生したばかりの高運動エネルギーをもっている状態では、あらゆる物質の分子結合を切断してしまうため、放射線を浴びたものは分子崩壊を起こし消滅します。それゆえに金原子核線の制御は困難を極めたのですが、エミール・クラムスコイ博士たちの開発チームは小型核融合炉発電施設で実験が繰り返されていた中性子ビームによる放射線封じ込め技術に注目しました。理論的には金原子核線にも応用できるとして改良を加え、世界で初めて金原子核線の封じ込めに成功し、M.I.D.A.S.技術を実用レベルにまで高め小型化に成功しました。
金原子核線は非常に膨大なエネルギーを持っており、放出されると原子にエネルギーを与えながら光速で直進しますが、大気中の水素を取り込み続ける性質を帯びていて、次第に安定元素へと変化してエネルギーを失います。つまり放射能の後遺症を残さない、無公害の核兵器に転用が可能となっています。
物質放射型分離加速システム




金原子核線理論提供者 エミール・クラムスコイ博士





PAGE TOP
プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ当フォーラムについて
Copyright(FM) U.S.N. Alaska Radiation Research. / The Special Radiation Laboratory of USN. All rights reserved.