アトラス開発研究機構ロゴ アトラス開発研究機構(ATLAS Development Exploration Agency)
HOME 世界協和構想 軌道エレベーター
ATLAS計画 ATLAS概要 ATLAS機能
コラム

アトラス暴走 ”真実”/ガーディアン総司令・ゲント・リヒター 軌道エレベーター”アトラス”

言い古された言葉ではあるが、資源の枯渇に近く、人口増加による狭い地球が各国の安全を守りながら、継続する成長を遂げていくには人材を育て、最先端の技術を持つ以外に無い。宇宙技術はまさに多種の技術を結集したその最先端に位置する。しかしながら全世界が、宇宙開発の重要性を認識して、国家間戦略として長期の計画を遂行しているようには見えない。今後、宇宙開発が将来の地球への投資であると同じように、アトラスは将来宇宙開発を大きく進めるための投資であることは明白である。現機構を始め宇宙開発に関わる機関は宇宙開発の広報を活発にし、各国協調のもと新たな人類の旅立ちを進めていくべきである。

事の発端は、アメリカ合衆国が開発した”常温核融合技術”に始まる。この次世代エネルギーにより、それまで進められてきたアトラス計画は、基本理念が希簿なものとなり脱退する国が出てきた。アトラス計画推進派の国々は、民間団体・企業の参加を認める等して計画の続行を進めた。そしてシャーウッド財団(現ソサエティ)が加わる事になる。シャーウッド財団の豊富な資金によりアトラス計画は順調に進められてきたが、同時に管理する国々が撤退していたため、ソサエティは独自にアトラスに”仕掛け”を施した。
アトラスが一応の完成を見、稼働を開始すると各国でクーデターを始め、紛争が多発(※1)するようになる。この時期に発生した事件はソサエティが全て絡んでいると思われる。ソサエティ総統のヘンリー・シャーウッドは、「戦争こそ人類の本質」であるという思想を狂信し、その具現化に力を注いでいった。

世界各地で紛争が頻発するようになると、紛争地域では兵力不足を懸念して傭兵機構「カーネルライト協会」に傭兵派遣を要請するようになる。この頃ベルゲン共和国を国家反逆罪(※2)で追われたアルベルト・グレイブナーは、ブレンダ・ロックハートと共にカーネルライト協会に登録している。そして、協会の中で傭兵として各地を転戦すると、7名が加わり次第にソサエティの計画を知るようになる。

同時期、ソサエティの調査・解体を目的とする地下組織「ガーディアン」も大規模な戦闘に備えて軍備を備えつつあった。そしてグレイブナーらが合流し、ソサエティの本部を突き止めるためブラジルのエスポルテにおいて戦闘を行う。この戦闘により、エスポルテのソサエティはほぼ壊滅し、本部は高高度を飛行する超大型戦略爆撃機”センチネル(※3)”と判明する。この爆撃機はヘンリー・シャーウッドの生命維持装置を搭載し、センチネルの各機能と連動しているため、グレイブナーの襲撃によりセンチネルと共にシャーウッドも死亡している。

そして、アトラスの”仕掛け”が稼働し始めたのである。これは、シャーウッドの死亡と同時にアトラスが異常稼働し始め、防衛のための兵装が攻撃を行うものであった。記録によれば、アトラスが発射したマイクロウェーブにより、スイス連邦・サンクトリヒ北部が一瞬にして消え去ったと言われている。ここでも、グレイブナーらが先陣を切り、各国・団体がそれを援護する形でアトラス暴走を食い止めるために中枢コア”エネルギー・ジェネレーター”を破壊した。この時、グレイブナーは”クリムゾンブロウ”のジェノスと共にコアを破壊したと言われる。

アトラス暴走を食い止めると、各国はアトラス修復に力を入れ2070年に再稼働を開始する。この年からアトラスは”平和のシンボル”として絶え間なくエネルギーを送り続けた。
天空より見つめる巨大な塔は静かに地球を見守り続けるだろう。人類が同じ過ちを繰り返さない限り・・・。




▼アトラス暴走時に先陣を切った者達
・アニタ・ディアモンテ ガーディアンの全部体を指揮し紛争各地の事態収拾に尽力。その後、アトラス再建のため参加各国を結び付けていく。
・ルーク(本名不詳) ジェノスの存命を信じ、その探索に流浪する。シビルスカ近郊で確認されるが、その後の消息を知るものは無い。
・サカタ・アキヒコ シールド工学の研究成果を公表、アトラスの構造の一部に応用される。間もなく新たな研究材料を求め、放浪の生活にもどる。
・アクセル・ボンゴ 故郷の村の再建につくした後、アフリカ統一平和維持軍に参加。大陸の平和回復を目指して転戦中と伝えられる。
・ルヴェン・アルハーディ アルベルトらとの行動記録をARS軍に提出、ソサエティの全貌を世に暴く契機を作る。新たな諜報活動に暗躍中。
・エミル・シジンスキー 革命軍に政府軍との調停役として迎えられ、紛争解決を成功させる。現在、シャダク市に居住。
・クラーク・ウィルソン スイス連邦軍に帰還、同軍第一ヴァンツァー師団長につく。サンクトリヒのゲリラ残党を掃討、国勢の復興に貢献。
・アルベルト・グレイブナー アトラス再稼働後も、ソサエティの残党による紛争を終結させるためブレンダ・ロックハートと共に転戦中である。


▼アルベルト・グレイブナーはアトラス修復後に以下のように語っている
全世界に散在していたソサエティの残党はその主を失ったことで徐々に解体をはじめた。
アトラス構築の本来の目的”世界協調”は、皮肉にも彼らが引き起こした戦乱により理解される事になった。
やがて、秩序を取り戻した世界は過ちが繰り返されぬ事を祈り、
平和と協調のシンボルアトラスの再建に大きく動き出していく・・・。
2070年、全世界協調のもと、アトラスは実用化に向けた修復を完了する。
アトラスのもたらすエネルギーと資源は、世界を潤した。
天空をささえる巨大な神は地球が一つになる事でついに宇宙への扉の解放を許したのだ。
人類は、宇宙へと旅立っていく。アトラスは、それを見守り続けるだろう。
人々がアトラスと、その真価を忘れぬ限り・・・
※1 紛争が多発
以下は、ソサエティが関与したと思われる紛争・クーデター

・アラブ連邦
ゾハル同盟支援
・ザンボラ共和国
エルガー首相暗殺未遂事件
・スイス連邦
反政府ゲリラ支援
・ブラジル共和国
大統領暗殺事件
・ペルー共和国
兵器プラント建造
・ベルゲン共和国
軍事クーデター支援
・メキシコ合衆国
反政府軍支援
・ヤクート共和国
反政府軍支援
・ロシア連邦
赤ザメ兵器開発


※2 国家反逆罪
大統領護衛任務を大統領誘拐にさせられ、国外を追われる事となった。


※3 センチネル
高高度を無着陸で飛行する大型戦略爆撃機。護衛艦隊と共に飛行し、センチネル本体にも無数の対空砲台が設置されている。また、離陸の際も長距離の滑走路(射出滑走路)を必要とし、地下数百メートルから上空に向けて建造された。
センチネル
飛行中のセンチネル
滑走路
離陸直後のセンチネルと射出滑走路




開発研究機構について事業概要ニュース&トピックス広報サービスデジタルアーカイブス各本部サイト利用ガイド | コンタクト
Copyright(FM) ATLAS Development Exploration Agency of Japan. All rights reserved.