アトラス開発研究機構ロゴ アトラス開発研究機構(ATLAS Development Exploration Agency)
HOME 世界協和構想 軌道エレベーター
ATLAS計画 ATLAS概要 ATLAS機能
アトラス機能
ターミナル(図・中央部)/イメージ図
■イメージ図
集積ターミナル
アトラス上層部(静止軌道上)に宇宙船等のターミナルを設け、わずかなエネルギーでシャトルの離発着が可能となっています。これにより、他の惑星へシャトルを飛ばす事も容易になっています。また、小惑星から採集した高分子素材や、採掘した鉱物資源の集積場所としても機能しています。そして、集積した鉱物を地表へ運搬する施設も建造されています。
エネルギーダム貯蔵部
エネルギーダム貯蔵部
エネルギー・ダム
太陽エネルギー集積衛星(※1)から電磁波を受け、一時的に蓄電するシステムのことです。蓄電された太陽エネルギーは電力に変換され強力な電磁波として地上の各国へ送られます。また、その他の軌道衛星へ電力を送る事も可能となっています。
対空WAP射出用格納庫
対空WAP射出用格納庫
無人警備システム
アトラスには、必要最低限の自衛しかつける事が出来ないために、テロ等の有事の際、迅速に対応できるように開発された無人兵器の防御機構システムのことです。通常は、格納されていますが、有事の際は外壁では対地・対空砲、航空機、対空WAPが起動し、内部では自走砲、高機動WAP、大型機動兵器が動くことになっています。
また、対スペースプレーン用装備も施されていまして対応が可能となっています。
エネルギー・ジェネレーター/イメージ図
■イメージ図
エネルギージェネレーター
軌道静止上、アトラスの中枢部のコアの内部にあります巨大なジェネレーターです。半永久エネルギー機関の採用により、このジェネレーター一つで、アトラスの運用エネルギーを賄っています。また、エネルギー・ダムにより集積された太陽エネルギーを地表へ送るため、マイクロウェーブを投射する機能も備えています。また、独自の防衛機能も装備されています。
常温核融合炉
常温核融合炉
常温核融合システム
2036年にアメリカ合衆国が実用化に成功したエネルギー技術”常温核融合技術(※2)”を応用したエネルギー・エンジンのことです。アトラスの要所に設置されていまして、エネルギー・ジェネレーターの補助的役割を担っています。また、今後はシャトルや小惑星探査機等に搭載されていく予定です。
外壁シールド/エリア109
外壁シールド/エリア143
外壁シールド
サカタ・シールド工学研究所が開発、実用化しましたWAP「水月」のシールド工学技術(※3)をアトラスの外壁に応用、全面に施されています。 これにより万が一アトラスが攻撃を受けた場合でも被害を最小限に抑える事が出来ます。また、シールド内部には、無数のソーラー・パネルが埋め込まれていましてエネルギー蓄積の機能も持ち合わせています。

※1 太陽エネルギー集積衛星
英名:Solar Energy Accumulation Satellite
アトラス上層部の周りには、8機の集積衛星が設置されています。個々に独立稼働していまして主に太陽エネルギー集積を目的としています。
アトラス外周の集積衛生
アトラス外周の集積衛生


※2 常温核融合技術
2036年、アメリカ合衆国が実用化に成功したエネルギー技術です。重水素を使用し、常温低圧・核融合時に発生する熱量を転換してエネルギーを確保します。核融合エンジンの小型化を急速に推進し安全性も格段に向上していまして、現在は他の各国でも採用されています。


※3 シールド工学技術
サカタ・シールド工学研究所が独自開発した技術で、「水月型」WAPに施されています。その技術をアトラスに応用していまして、そのシールドも状況に応じて使い分ける事が可能となっています。
以下は、施されたシールド技術。
・被弾面急速冷却機能
・斥力シールド波出力
・電磁場発生装置
・鏡面化機能
・対熱・衝撃・貫通シールド
・対核磁気ビームシールド
・対マイクロウェーブシールド
開発研究機構について事業概要ニュース&トピックス広報サービスデジタルアーカイブス各本部サイト利用ガイド | コンタクト
Copyright(FM) ATLAS Development Exploration Agency of Japan. All rights reserved.