POWERED by 天網
HUFFMAN ISLAND 100th ANNIVERSARY/ハフマン島100周年祭 HUFFMAN ISLAND 100th ANNIVERSARY/ハフマン島100周年祭
HUFFMAN ISLAND 100th ANNIVERSARY/ハフマン島100周年祭 HUFFMAN ISLAND 100th ANNIVERSARY/ハフマン島100周年祭
Birth 100th
ハフマン島ハフマン島は2095年で発見されてから100周年という歳月を迎えます。1995年に国連の航空機により発見、2002年ハフマン島と命名され、正式に島として認知されました。それからは、”地球最後の楽園”として、希少な動植物を守り、自然と人間の共存を目指し土地開発も慎重に行われてきました。現在では、クレイン・バードを始めとするハフマン島のみに生息する動物の保護も盛んに行われており、自然保護区などの独自の条例も施行されています。2065年にハフマン島隆起鎮静化とともに始まった入植から、2090年までを第一期”創業期”と呼ばれています。今は第二期”発展期”としてハフマン島では開発が進められ、島内を充実させる重要な時期と言われています。そして、第三期”守成期”では後世に伝える時期として今のハフマン島を守り続けていかなければ成りません。100周年祭は生誕だけを祝うのもではなく、現在の、そして未来のハフマン島を残すために開催されます。

Fireworks
100周年祭の期間中は、ハフマン島の各地で夜空を極彩色の花火が彩ります。フリーダムとフォートモーナスでは一日おきに花火を打ち上げる予定で、通常の花火の他に文字や絵花火を打ち上げる”Message Fireworks”(個人での受付も可能、要予約)や水中の中で打ち上げる"Water Fireworks"、雨天時でも花火を体感できる光を使用した花火など、地域ごとによって様々な花火を楽しめることができます。なお、打ち上げ日程や、打ち上げられる花火の詳細につきましては、ハフマン島観光協会100周年祭事務局か各都市の観光課までお問い合わせ下さい。

※現在予定されている花火
・フリーダム(15,000発予定)
・フォートモーナス(20,000発予定)
・ロングリバース島近海(海上、水中花火)
・メールリバー(30,000発予定)
・コッコリス岬(光花火)
・カミラ・リーフ岬(10,000発予定)
花火

Parade
期間中は各主要都市、経済都市にて大規模なパレードが行われます。これは企業、団体を始め個人からの参加も可能でして、大勢の方が参加される予定です。企業パレードであれば自社技術の公表の場として、団体・個人であれば伝えたいメッセージを公開するなど、参加する側、見る側ともに楽しめるものとなっています。また、企業・団体ごとにテーマを持った統一性のある衣装での参加が話題を呼んでいまして、O.C.U.日本にあります帝北大学はゲーム(ゼノギアス、フロントミッション)のコスプレ衣装での参加を表明していまして、始める前から人気を集めています。

Movie
長編大作映画「メールリバー 〜サイレント・ボーダー〜」より20年、待望の続編3部作目の公開が決まりました。今回は、A.D.2086”ハフマン危機”を舞台に描かれており、紛争勃発へのカウントダウンをリアルに再現、メールリバーそして運命に惑わされながらも懸命に生きる人間模様が描かれています。今回は、全世界一斉ロードショーに先駆けて、100周年祭開催中に各主要都市にて先行ロードショーを行います。またメールリバー、100周年記念関連グッズの販売も予定しておりますので、詳しくは「メール・リバー」製作委員会又はHuffman Picturesまでお問い合わせ下さい。

※メールリバー・シリーズ
・メールリバー 〜サイレント・ボーダー〜
(2079年公開)
フォーラム公開中
・メールリバー 第二章
(2080年公開)
フォーラム公開は終了致しました
・メールリバー 〜A.D.2086〜
(2096年公開予定)
フォーラム近日公開
Entertainment
都市部に限らずハフマン島各地で様々なイベント、催し物が開催される予定となっています。フリーダム、ルーピディスでは都市区全体をイベント会場とした大掛かりな企画も予定されていまして、注目を集めています。そして最大のイベントとして予定されているのが、メール河河口付近に現在建設中の総面積1,000ヘクタールを誇る総合アミューズメント・パークです。これは遊園地、ショッピングモール、企業パビリオン等皆様が見るだけではなく、体感し、楽しめるものを目指して造られています。また、隣接しています海上テーマパークとの融合も決定していまして、歴史上類のない最大規模のアミューズメント・パークとなる予定です。総合アミューズメント・パーク

HUFFMAN  History
HUFFMAN  History霧島重工が100周年祭を記念しまして、ハフマン島の全歴史を描いた「HUFFMAN HISTORY」の記念イベントを公開することが決定致しました。これは、ハフマン島の隆起から現在までの100年余りの歳月を三次元映像と音声で楽しめるもので、隆起が沈静化するまでの海底地盤の変動や、ハフマン島に住む希少な動植物などをご覧になハフマン島の光と影ることができます。こちらのイベントはフリーダム経済都市区で開催予定となっていまして、レオノーラ・サンライズスタジアムでは大型ビジョンによる”ハフマン島の光と影”を上映する運びとなっています。
また、サイナミックソフト社が技術提供を申し出ていまして、霧島重工との共同によるアミューズメント・パークの建設も進められています。

霧島重工 ・霧島重工(KIRISHIMA Industry)
※ フォーラムはこちら
サイナミックソフト ・サイナミックソフト(Psynamic Software)
※ フォーラムはこちら


Sponsor
Sponsor

ハフマン島観光協会
ハフマン島観光協会
メールリバー
メールリバー
Inquiry
各種お問い合わせにつきましては、主催者でありますハフマン島及び周辺諸島観光協会(ハフマン島観光協会)までご連絡下さい。
お問い合わせをされる際は、電話番号のかけ間違いや、メールアドレスの入力ミス等に充分ご注意下さいまた、協賛各社、イベント主催者へのお問い合わせは当観光協会では受け付けておりませんので、各担当者までご連絡頂きます様お願い申し上げます。
 ハフマン島観光協会(フォーラムへ
●100周年祭全般に関するお問い合わせ
 ハフマン島観光協会100周年祭事務局
  ・Mail : info@haffman.100
  ・Tell : 010-726-546848ZY

●その他観光協会へのお問い合わせ
 ハフマン島観光協会事務局
  ・Mail : info@haffman.sa
  ・Tell : 010-486-913485XW

EXIT(POWERED by 天網)

Copyright(FM) HUFFMAN-ISLAND SIGHTSEEING ASSOCIATION. All Rights Reserved